熊本地震災害ボランティア#3(御船町)

広島ブログ
今回、初めて御船町の山側に入る事になりました(7/3)
平地は心づもりが出来ているので緊張感は少ないのですが、初めて入る場所では想像出来ない為に不安になります。
連日の大雨による土砂災害、御船町被害のTV放映はなかったのですが、いろんな場所で小規模な土砂崩れが起こっていました。
今回のお宅は体の不自由なおじいちゃん、おばあちゃん二人暮らしの民家、夜中に急に土砂が流れ込んできて、1階の畳の上10cmまで水が達していました。
a0298444_2152263.jpg

地震といい、土砂災害といい不安でいっぱいだったと思います。
7/3現在は写真の状況ですが、土砂災害直後は見れない状態だったのではないかと思います。

庭内の土砂の掻き出し作業もあったのですが、家の中の状態を知りたいのと、おじいちゃん・おばあちゃんの話を聞いてみたかったので、家内の片づけに変更してもらい家内の土砂の掻き出し→掃き掃除→拭き掃除を行い、使用頻度の高い3部屋をひとまず片づけ終了しました。
まだまだやる事は沢山あり今週もボランティアが入る予定になっています。

今回感じたのはボランティア作業も大切な事なのですが、それ以上に重要なのは話を聞いてもらいたい被災者の方の話はどんどん耳を傾けてあげる事も重要だなと感じました。
それと、ボランティアの規模も縮小され熊本県より参加されている方々の比率が大きくなってきています。
よく考えると、この人達も大なり小なり被災者の方々なので、その辺を意識しないと反省です。

これ以上、大雨で被害が拡大されない事を祈るばかりです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akira-hitahita | 2016-07-10 22:20 | ボランティア | Comments(0)
<< 不思議の森#1 祝福#おわり >>