熊本地震ボランティア#7(御船町)

広島ブログ
11/26日 御船町での最後のボランティアに参加させていただきました。
ボランティアのニーズは7件、うち6件は引越。
まず1件目は仮設住宅(最新の仮設住宅はバリアフリー)への引越。
2件目は仮設住宅より復旧工事の完了した自宅への引越。
ニーズを見ても解るように、少しづつですが復興の道を歩んでいるなぁと感じます。
昼すぎには7件のニーズも完了し、いよいよ最後に御船町ボランティアセンターで使用していた災害復旧用資材の撤去を行いました。
ここまでくると本当に御船町での災害復旧ボランティアは終了したんんだなぁ~と、しみじみとした気持ちになります。
ボランティア終了後は今回、参加されたメンバーでの慰労会。
その前に初の湯らっくすさん、お風呂のお湯も柔らかくボランティア参加者は無料、湯らっくすさんにも感謝です。
4/16日、本震発生以来、約7か月に及ぶ災害ボランティア、御船町という町がどこにあるのかも知らなかった僕が高速道路の渋滞を
回避する為に通った町、ボランティアセンターの女性職員から『男手が足りない』という言葉を聞いていなかったら御船町での
ボランティア活動は始まっていなかったと思います。
阪神淡路大震災の時は人ごと、東日本大震災では東北までの距離、頻発する地震の事を考えると怖くて行けなかった自分がいます。
御船町ボランティアに参加させていただいたおかげで、ようやく今までの自分から少しは脱却できたような気がします。
月一回ですがボランティアに参加させていただいた事で得るものは非常に大きかった。
今、日本全国どこでも地震が起こってもおかしくない状況だと思います。
まずは寝ている場所付近には、なるべく物を積み上げない、つっかえ棒をする(熊本地震でも以外と効果があると思いました)、地震が
起こった時は、まず頭を保護する(机の下にもぐる、座布団を頭の上に)、それから揺れている最中はビルから外に出ない(外壁やタイル
が多数、落下してきます)揺れが収まって電気やガスの元栓を閉じる。
地震のエネルギーは震度1上がると33倍エネルギーは増加、震度2で33✖33倍で約1000倍のエネルギーで物を破壊していきます。
芸予地震で震度5の地震を経験しましたが今回の熊本地震は比べようのないほどの揺れで何か月も不安は日々を過ごしてきたんだろう
と思います。
ボランティアに参加されている熊本出身の方も被災者ですが、そんな不安を感じさせないところがすごい、
自分が被災者側だったらどうでしょうか?
災害ボランティアは終了しましたが、現在、復旧完了した家は何割になるんでしょうか?2割でしょうか?3割でしょうか?
また、熊本を訪れた時にブルーシートを被った家の数が一件でも少なくなっていれば嬉しいです。
人もいい、野菜もおいしい熊本にまた行きたいと思います。
a0298444_6194924.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akira-hitahita | 2016-12-25 06:24 | ボランティア | Comments(0)
<< 妄想ポートレイト#7 妄想ポートレイト#6 >>