<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

乙九日炎の祭典3

a0298444_21155957.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-30 21:17 | D7100 18-105mm | Comments(0)

乙九日炎の祭典2

a0298444_2125092.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-29 21:25 | D7100 18-105mm | Comments(0)

乙九日炎の祭典1

a0298444_23273768.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-28 23:28 | D7100 18-105mm | Comments(0)

室原神社例大祭3

a0298444_1032399.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-27 10:33 | とびしま | Comments(0)

室原神社例大祭2

a0298444_212443.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-25 21:24 | とびしま | Comments(0)

室原神社例大祭1

a0298444_23523325.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-23 23:52 | とびしま | Comments(0)

夜明け

a0298444_1928044.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-17 19:28 | とびしま | Comments(0)

夜明け前

a0298444_18575645.jpg



広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-15 18:58 | とびしま | Comments(0)

広島土砂災害ボランティア#4

a0298444_233872.jpg

広島土砂災害が発生して25日目。
前回ボランティア参加時から6日が経過し、いつもボランティアに行っているH家の下まで重機が入ってきました。
その下の家にはボランティア派遣があり、少しづつ上流に復興が進んでいます。
H家には、未だにボランティア派遣地域に設定されていないようで、たまに下の家を見ながら、あの中の5人でもH家に手伝いにきてくれないかなぁ~と思うときもあります。
H家のボランティアに参加してから被災者の方から今の内情をきけたり、報道関係の方と話せたりと、通常のボランティアでは体験できない事もあり得るものもたくさんあります。
H家に感謝です。

でも、今日のテレビ関係者は少しひつこく、家族の方がかわいそうでした。
報道されなくなると、取り残された気分になるし線引きは非常に難しいですね。


広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-13 23:19 | ボランティア | Comments(0)

広島土砂災害ボランティア#3

腰の調子もよくないし、ヤフーニュースにも広島土砂災害の記事も載らないし、今週末はボランティアに行こうという気が起こらないまま金曜日になりました。
金曜日は会社関係の飲み会で、その中である監督職の方が先週末の土日に部下達とボランティアに参加し、今週末の土日にボランティアに参加する人を募ると半分以上の部下が参加表明して部下を見直したという話をされていました。
土曜日に近所のおばちゃんと話をしていると、どこから聞いたのか『私ら年じゃけんボランティアには参加できんけどジュース代にして』と千円を差し出してきました。
こうなったら、つべこべ考えずに行くしかないですね。

広島土砂災害が発生して19日目。
平地に近い場所では土嚢も撤去され、ボランティアも一部の家にいる程度で参加人数も少ないと感じました(八木3丁目の一部の地域に関して)
今回も前回同様の家にボランティアとして作業を手伝わせていただきましたが、この家の周辺は未だに重機による倒木や土石の撤去が始まっていない状況です。
そのせいか、ボランティアセンターからの派遣もない為に知り合いの方がたまにボランティアで遺品探しと土砂の撤去を行っている程度で一部の場所以外は手が入っていない状況です。
行政の話によると今月中には土砂を全て撤去するという話らしいですが、本当に一ヶ月であの土砂がなくなるのかという気がしてなりません。
伊豆大島の土砂災害でも復旧には1年近い期間を要したと聞いた事があります。

中国新聞には、未だに多くの記事がとりあげられていますが、全国版のニュースには取り上げられない状況になっていて寂しい気もしますが、今だに復旧できていない家がたくさんあります。

54号線を渡ると被災地とは別世界です、道路をへだてるだけでここまで違うのかと、でも仕方ないですね。
少しでも、被災した方々の負担が軽くなるように自分の出来る範囲で手伝わせていただくしかないですね。


広島ブログ
[PR]
by akira-hitahita | 2014-09-07 23:54 | ボランティア | Comments(0)