人気ブログランキング |

西日本豪雨災害ボランティア#17(小屋浦ふれあい写真館)

カメラ
5/24(金)
今日は3回目の小屋浦ふれあい写真館の初日、題して『着物ウィークin小屋浦』。
今回は福岡の高尾さん(チーム田中屋さん)が、たびたびフォトコンテストで入選している山口県萩市のイベント着物ウィークin萩をお手本にし被災者の方に着物で写真撮影を行い楽しんでもらおうというイベント。
萩市観光協会から無料で着物を借りたり、チーム田中屋さんやいろんな方からの沢山の支援、これをまとめてたのが高尾さん、頭が下がります。
まずは会場内の雰囲気、全員に写真連載の許可をとっている訳でないのでボカシています。
a0298444_23052195.jpg

受付を済ませると着物を選んで(綺麗ないろとりどりの帯)
a0298444_23062974.jpg

ヘアメイク(ここからは災害ボランティアで活動していたFさんがモデル、写真連載の本人許可OK)
a0298444_23094903.jpg

女の人はヘアメイクや着物を着ると笑顔になりますね。
着付けの方から『前からも後ろからのも撮ってあげてね』と言われましたが、着物ってほんとにそうですね。
a0298444_23113191.jpg

a0298444_23134795.jpg

a0298444_23115183.jpg

僕が撮影すると、少し渋めになりますがFさんの持っている雰囲気には逢うかな。
今回は4名の被災者の方を撮影、撮影以外にも印刷やデータのコピーと思った以上に忙しい。
髪の長い男の被災者の方は『抗がん剤の影響で髪が抜けた人のカツラ用に髪を伸ばしている』と、今回ボランティアとして参加した被災者の方の中には福島にボランティアに行ったり、ゴミの山で暮らしているフィリピンの子供達のチャイルドスポンサーになり逢いに行ったりとやさしい方が多いです。
被災者の方の撮影とは別に災害ボランティア時に長靴+スコップで活躍してくれた女子達にも着物で写真撮影をという粋な計らいもあります。
ほんと小屋浦ほど女性の災害ボランティアが多く、しかもタフでリーダーもこなせる人材が多かった場所は僕の知る限りではない。
ボランティア以外でもゴミの引取り業者の方は重機を運転しているし、ほんと男として危機感を感じます。
ヘアメイク・着付け・アテンド・カメラマン以外にも裏方として支えてくださった方も多く、特に嬉しかったのは被災者の方が裏方として参加していただいた事です。
『今までは支援を受ける側で、なんとなく遠慮があったけど、今日は気がねない』とおっしゃっていたそうです。
少しづつでも被災者の方の参加が多くなれば、コミュニティの力も強くなり災害に強い小屋浦になるんでしょうね。

# by akira-hitahita | 2019-06-10 22:34 | ボランティア | Comments(0)

ネコ

カメラ
a0298444_06281245.jpg

# by akira-hitahita | 2019-05-19 06:28 | スナップ・お出かけ | Comments(0)

フェリー

カメラ
a0298444_20361980.jpg

とびしまが橋で繋がると同時に離島と本土を繋ぐフェリーが廃止された。
小さい頃、親と一緒にフェリー乗り場に行き何故か親だけが乗船、気づいた親が船長さんに伝え引き返してもらったり、
フェリーの二階から海を眺めていると5・6頭のスナメリクジラの中に白色のクジラがいた事もある。
フェリーの中で赤ちゃんが生まれたというニュースもあったなぁ~。
高校時代、広島市から実家に帰るためにフェリーに乗船すると2階の最後部の物影でシンナーを吸っているバカな奴もいた。
会社に入り車を購入、フェリーはバックで積込む為にスムーズに操作出来ないと少し恥ずかしかったけど、1発で入れた時は少し自慢だった。
正月・盆は特に車を詰め込み運転技術が必要なので緊張した、フェリー待ちで半日並んだり整理券配布方法でもめたりと。
いろんな想い出がある。
# by akira-hitahita | 2019-05-17 20:37 | とびしま | Comments(0)

FISE HIROSIMA 2019

カメラ
a0298444_05243981.jpg

a0298444_05251742.jpg

BMX、えらくかっちょよかった!
# by akira-hitahita | 2019-04-23 05:27 | お祭り・イベント | Comments(0)

雲月山の山焼きボランティア

カメラ
4/13(土)
深入山の山焼きの迫力に圧倒されていらい、今年も見に行こうかと思っていると新聞で雲月山の山焼きボランティア募集の記事を見て参加。
a0298444_22401225.jpg

参加者は150名あまり、北広島町出身者が半分・その他広島県内が半分・県外参加者が3名。
野鳥や野草の専門家・大学の先生・地域おこし協力隊といろんな業種の方が参加されていてイベントを運営している認定NPO法人西中国山地自然史研究会さんの人脈はすごいと思いました。
まずはゼッケンの色別に集合し開会式。
白チームの班長さんは、なんと数年振りに逢った知り合いでした。
a0298444_21141126.jpg

カメラ教室で1年間一緒に勉強しポートレイトをお互い撮り合った頃を思い出します。
a0298444_21174430.jpg

まずは遊歩道づたいに幅5mの草刈りを行い防火帯を設置します。
午前の作業はこれで終了。
昼ごはんは炊き込みごはんと農事組合法人うづつきさんからシイタケ出汁のうどんの炊き出しがあり、お腹いっぱい、感謝です。
参加費500円で保険から昼ごはん、とてもボランティアと思えない待遇でした。
昼からはひのきの枝を持って(火消し用)再び雲月山に登ります。
a0298444_21391390.jpg

まずは頂上から火を点火するとゆっくりと下に燃え広がっていき、このレベルの炎でも上昇気流でつむじ風が発生しています。
a0298444_22261152.jpg

次は横から火を点火。
a0298444_22483378.jpg

最終的に下から火を付け、飛び火による山火事や事故が発生しないようにします。
a0298444_22341789.jpg

炎が一番大きかった場所、ススキ地帯は一気に燃えるので、途中、怖いなぁ~と思う事もあり注意事項を守らないと事故がおきてもおかしくない状況です。
火に巻かれないように常に風上に立つ事が重要ですが、火で発生した上昇気流に引っ張られて風向きが変化するので注意が必要です。
a0298444_22373314.jpg

山焼きは天候不良の為、2年振りの開催、適度な風もあり、こんなに綺麗に焼けたのは初めてと地元の方が言っていました。
かって日本の国土の3割が草原で屋根用のカヤ・牛馬の飼料・田畑の肥料など草が無ければ農耕文化は成り立ちませんでしたが、今では数%しかないそうです。
ススキ野源には多様な生態系があり山焼きによる保全を行わないと写真奥の山のように木が生えススキ野源が消えていきます。
a0298444_07072227.jpg

山焼きを行った1週間後には沢山のわらび?ふき?が生えるそうです。

# by akira-hitahita | 2019-04-20 19:02 | ボランティア | Comments(0)