熊本地震災害ボランティア#9(御船町)

広島ブログ
10/14(土)熊本県御船町での約7か月ぶりのボランティア。
みんな知った顔ばかりで同窓会のような雰囲気で始まりました。
事前に引越手伝いの依頼と聞いていたのですが、実際は町営中原団地の大型ゴミの廃棄手伝い。
町営中原団地は熊本地震発生当時から1年半もの間、地盤に亀裂が多い事で立ち入りを禁じられ地域。
一気に緊張がはしります。
熊本地震発生後から手付かずの状況って?どんな状態になっているのだろう?移動バスの中では不安が募ります。
中原団地に到着すると事前に草刈はやっていた為か荒れ果てたという感じは受けなかったのですが、人がいても人気を感じないというか違和感があります。
依頼件数は6件、最終的には倍の件数が完了件数となりました。
本来なら大型ゴミのみの取り扱いなのですが約三分の一の家は11月から解体に入る為、半月しか廃棄品を出せる期間がなく実際1人で片づけを行っている家庭もあります。
そのため大型ゴミに限らず分別から廃棄までが作業内容となりました。
使用できそうな家具も沢山あるのですが、現在住んでいる場所で揃えている家具があるため必要ありません。
他チームが入ったお宅は冷蔵庫の中に死んだ虫がいたりカビもすごくて大変だったそうです。
家の中には熊本地震発生以来めくられていないカレンダー、御船町社会福祉協議会(御船町社協)の中にも町営中原団地に住まれていた方がいて柱には離れる家に対してお子さんがメッセージを書いています。
a0298444_224212100.jpg

熊本地震発生後に何度か御船町でボランティアをした時に一緒に作業した御船町社協のやさしいMさんが、まさかこの団地の出身だったとは知らず・・・もう少しやさしく接していれば・・・と反省です。

偶然から立ち寄った御船町、九州災害ボランティアの原点はやっぱりここだと感じたボランティアでした。
a0298444_22413971.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akira-hitahita | 2017-10-30 22:42 | ボランティア | Comments(0)
<< 佐賀インターナショナルバルーン... 九州豪雨災害ボランティア#6(... >>