西日本豪雨災害ボランティア#8(呉市安浦町)

カメラ
10/4(木)
今日は ボランティア休暇の為、確実に参加出来る広島駅出発のボランティアバス(ボラバス)に乗って呉市安浦町に行く事に。
自宅より電車で広島駅まで行き、広島駅北口からボラバスに初乗車。
大洲ICから海田大橋を渡り広島熊野道路を経由し国道34号線で安浦に行くと1時間ちょいの乗車時間。
国道34号線沿いの集落には未だに潰れた家や木材、畑には土砂が流れたままです。
家屋以外の田畑はどうするのでしょう?もとの生活に戻る為には田畑の復旧も必要なのですが・・・。
依頼内容は床下の泥出し。
依頼宅は川のすぐ側、川を見ると崩れた個所も多く依頼宅はかなりの浸水と予想していましたが、浸水は40cm。
ボランティアを含め3度床下に入っているそうで床下は完了していました。
依頼主のおじいちゃんに他の依頼はありますか?と 尋ねると『地下に物がいっぱいあるので出来れば出して欲しい』と。
昔は牛の糞があったという話なので空気が他のガスに置換されていると酸欠になり一呼吸で死亡する可能性がある為、用心は必要です。
まず泥に埋まった、おじいちゃんが大工をやっていた頃の大量の木材等を取り出し、深さ30cmの粘土層の泥出しも続いて行います。
皆で考えながら作業を進める事ができ、昼は車が通らない道路にブルーシートを敷いてみんなでご飯、いいチームです。
参加者は3名が広島市、他は埼玉・三重・福岡・宮崎。
作業は泥出しが2割完了で継続。
10名のうち5名は側溝の土砂出し、こちらも継続。

10/7(日)
10/4同様、ボラバスで呉市安浦町へ。
前回は20名でバス1台だったのですが、今日は50名でバス2台。
安浦のサテライトに到着し待機しているとバスで現地に行くと。
依頼場所はずーと行きたかった、ずーとこの目で見てみたかった安浦町市原。
バスの中では『市原の現状を知ってもらう為にSNSでの写真投稿はOKですが個人情報が特定できない配慮してください』と。
写真を撮りたい気持ちをおさえていた僕にとっては嬉しいかぎりです。
写真って難しい、相手がどう思うかを考えながら、しっかりとした考えで撮影し意思を持っておかないと。
被災地を撮って発信する事で今後の災害時にイメージがつき、亡くならなくてもいい命を救う可能性もあると思っています。
市原の状況、確かに酷い状況です。
a0298444_07011034.jpg

こういう場所に立つと震えがくるというか、何かに体が反応して不安感を感じます。
依頼内容は側溝の土砂出し。
側溝の中には大量の石が入っていてスコップ作業の疲れも増しましますが、男も女も関係なく皆、一生懸命に作業しています。
なんなんでしょうね、あのパワーは。
昼休憩は30分間、急いでごはんを食べ写真を撮りに行きます。
今まで、こんな規模の石・倒木・土砂は見た事ありません、ほんとひとたまりもないですね。
a0298444_05035006.jpg

この付近で家が全壊になったお母さんが話かけてきて『ボランティアさんにはお世話になった』と、発災当時の事や今の気持ちを聞かせてもらいました。
畑に入った土砂は5%の負担でが復旧する事が出来ると聞いて少し安心です。
市原でのボランティア作業ももう少し、後は業者さんで行う作業がほとんどです。
作業途中の側溝の状況。
a0298444_05180671.jpg

20名で対応し100m弱完了。
側溝から垂直に交わる溝にも土砂は詰まっていると思っていたのですが、2ケ所とも埋まっていなく水も流れていきます。
帰りには沢山の人が自分が作業した側溝を撮影して帰っていました。
a0298444_06550310.jpg


[PR]
by akira-hitahita | 2018-10-14 14:11 | ボランティア | Comments(0)
<< 西日本豪雨災害ボランティア#9... 西日本豪雨災害ボランティア#7... >>